20160518-1

20160518

20160518-120160518-320160518-520160518-220160518-4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日はKさんとAさんのgg。Kさんは前回より引き続きハナミズキの絵を完成させました。前回よりもグッと花弁の色味が増し植物のもつ体温や湿度が目から感じられるような絵になりました。中央の花心の描写も細かにされてあり、花のボリューム感を出す手がかりになっています。このハナミズキの絵は2枚目だと仰るKさん。前回よりも思うままに描けたとご本人も満足されていました。Aさんは生け花の写真を見てクロッキーを続けています。Aさん曰く「何かバランスが・・」。クロッキーを拝見すると紙に対して垂直水平が傾いていたのでまずはしっかりと紙を真正面に据え、縦軸と横軸を正確に描くことを説明しました。長年華道をされているAさんは、花器(水平)に対して生ける花(垂直)のリズムやボリューム、バランスをすでに体得されているので、紙の上でそれらを定められたらあとは生けるように描いていけばいい気がしていますとお話させていただきました。今日は2人ともお花のモチーフ。何を見つめるかで絵との関わりも現れも変わってきますね。