20170325-4

gg華道部5

20170325-220170325-520170325-320170325-420170325-1


本日は5回目のgg華道部でした。今日の花材は、ドラゴン柳、チューリップ、スウィトピー、キキョウランの4種。自由花で生けました。今日は自分が体調不良だったこともあり、皆さんが生けている写真を撮れなかったのですが(気が回らず)、本日も全員とても集中していけることができました。個人的に回数を重ねるにつれ、どんどん難しくなっていっている(最初に閃いたように花を生けられない)ように感じていて、それを先生に尋ねてみました。すると「だんだん欲が出てきているんでしょうね」と。ふーむ。よくわかります。お花を見た最初のインスピレーションを目の前に表わそう表そうとすることに意識が集中するあまり、もしかしたら「目前の花を見ていないのかもしれない」と思ったのです。花があってこその想像が、いつしか想像を造形することが先行してしまっていたようです。次回はそこを改めて、花をよく感じて対話しながら生けていきたいと思いました。今日ご一緒だったSさんは先生も仰っていたように、よく花を観察されその観察から花の持つリズム等を生かしておられました。そして前回に引き続き今回もとても可愛らしいお花でした。こうも違うもんだなあ。なんだか自分が恥ずかしくなり、心の中でもじもじしてしまった…。先生のお花も「今日は集中して生けられた」と仰る通り、見てみるとドラコン柳が縦横無尽に広がるスケールの大きな世界が生まれていました。ビビッドなオレンジ色のチューリップが全体の発色をグンっと引き締め、流線の柳がまるで生きているように今にも動き出しそうでした。足元を大切に。今日もお花に教えられました。