20170525-2

20170525

20170525-120170525-220170525-320170525-4


Iさんのgg。前回油絵の具で肌の色を着彩し始めたIさん。ggの後、画材屋さんへ行き肌の色に使う5色ほどと、調合油を購入しお家でも作業されたそうです。全体的な色味はほぼ仕上がってきている感じで、後は唇の色や、目の周りなど。過日新潟市で行われたライブへ行かれて玉森君本人を見てこられたIさん。いつもとは違う目線で玉森君を観察wして来られたご様子で、「もうちょっと青白かった」そうです。さすがジャニーズ。どこまでも美しいんだなあー。ということで、ではここからその青白さを出すためにどうすればいいかと、しばし色調整を試行錯誤。まだ唇の色を塗っておられなかったので、ベースだけでも塗るとその色が肌の色と作用して肌の色味も決められるかもしれませんねとアドバイスさせてもらいました。しばらくして見てみると、先ほどよりも透明感が現れていい感じ。ご本人へどうですか?とお聞きすると「肌色はこれでいいと思います」とのお返事。私もそう思いました。そして残るは唇と眉毛。眉毛は実際のお化粧道具の方が無難な気がしたので、そうお伝えし、まつげはつけまの予定。なので実際絵の具での着彩は唇のみかな、というところで本日のggは終了でした。「普段絵の具を使わないので、色を作るっていうことは結構大変」というIさんですが、慣れないながらもジリジリとここまで完成に近づけて来られたのは相当な技術だと思います。つけまつけたりウィッグ装着していよいよ完成したら、これからはいつでもずっと玉森君と一緒なんだなあ。これって最高の幸せですよね。そんな制作も理想だなあ。