20171217-3

20171217

20171217-120171217-220171217-3


Sさんのgg。先日美の舎で見つけた「さえずり展」のチラシ。ギャラリーで見つけた瞬間にあ、これはSさんに!って。小鳥好きなSさんなら喜んでもらえるかな?と思って本日そのチラシをお渡ししました。美の舎が初めて行う公募展でプロアマ問わず(審査あり)出展できるのです。物販もありだそうなのできっとキュートな小鳥たちのさえずりでいっぱい詰まった展示になるんだろうなあ♡出品の否かどうかはさておき、何かの公募展へ出品しようかな?と思案するだけでも刺激になって、制作のモチベーションも上がるというもの。そういうきっかけにしてもらえたら私も嬉しいです。さて、今日は岡本太郎の太陽の塔のミニチュアをご持参されそれを描かれました。岡本太郎、私も好きな作家です。「エネルギーの塊が人間の形で生きている」。岡本太郎って私にとってそんな印象なんですが、皆様はどうですか?人間らしさよりも、もっと形のないもの。勢いと色で成り立っている生命体。魂があるという前提で世界が成り立っているとすれば、遊泳している宇宙からひょっこり地球に生まれ落ちた熱量の塊。岡本太郎ってそんな感じがします笑。浮世を見事に振り切って、自我の成長のために突き進む姿は、美術に触れていない人間にとっても勇気を与えているんじゃないでしょうか?そういえばggの窓際にある、私の娘が中学校の授業で制作した版画の原画も、岡本太郎。実際に彼に会ってお話なんてすると、もーっとその魅力にとりつかれたりするんだろうな、なーんてことを思いながらSさんのご持参されたミニチュアを眺めながらぐるっと思考が一回りしました。