_DSF5305-1920

gg華道部15

20180324-1

20180324-2

20180324-3

_DSF5298-192020180324-4


今日のgg華道部はゆったり先生と二人で行いました。他に人がいらっしゃらないことをいいことに、前半は自由花を、そして後半は、最近ずっと考えているインスタレーションと生花を合わせたものを決行しました。枯れているお花、もしくは枯れていく花の姿に、私は美を感じずには入られません。そしてその姿を生きている花と同じ花器の中で生けることで、次元のレイヤーが交差するような視覚的効果になったらいいなとの思いで、実験的に生けてみました。二人だったこともあり、前半の自由花を終えたところでA先生は帰られたので、この実験的な生花は全くの私個人のものです(池坊ではありませんよー)。でも、実際生けてみて、まだまだイメージ通りに生けることができませんでした。一種生けだったらよりこのビジョンが表現できるのかな…。でも、今日はその第一弾として、数日前から(ドライにした期間も含めると約2ヶ月前から)準備していたことを作業できたのは、嬉しかったです。継続してやっていきたい、もっと明確に生と死のレイヤーの揺れを表現したいなと、思いました。
今日は暖かな日で、アトリエ前の市街で一番早く咲くと言われているろとう桜が満開でした。