20180930-3

20180930

20180930-1

20180930-220180930-3


Sさんのgg。前回にこれからggで制作していく大筋の流れを一緒に確認したSさん。本日から少しの間継続して、立体制作へとはいります。そのための一歩の本日は水粘土を使って塑像をしました。モチーフに何がいいかな〜とggの中を探していて、目に止まった未使用の油絵の具。大きさも、モチーフとしてのハリ感も、つくり込む作業の量的にもちょうどいいな♪ 早速Sさんに見ていただいて、チューブを作ることに決まりました。早速水粘土をコネコネして適当な硬さにしてからスタート。おおよその塊感から削り出すようにして作業を進めました。2時間足らずの間にここまで仕上がり、あとは次回へ。やっぱり楽しい!とSさんの笑顔が見られて私も嬉しくなりました。それにしても、以前使用していたという割烹着。これ、とても素敵な素材でいわゆる割烹着にある薄い綿の固い代物ではなくて、肌触りがとてもいいんです。三角巾とマスクをしたら給食だねなんて話をしながら、割烹着で立体造形の制作っていいねって、たくさん笑ったggでした。