20181128-2

20181128

20181128-1

20181128-2

20181128-3


Tさんのgg。今日は久しぶりにモノタイプをされました。モノタイプとは版画技法のひとつ。ガラス板やアクリル板など平滑な素材に絵の具で描写をして、すぐさま紙へ転写をします。モノタイプのモノはギリシャ語のモノスからきていて「たったひとつの」と言う語源があります。版画といえば多刷りが王道ですがこの技法では多くて2枚から3枚程度しか刷れません。そういった意味で版画の中でも絵画に近い技法です。そういえばTさんが初めてggへこられた時も、最初に行ったのはこのモノタイプでした。当時はggで用意した油絵の具とホワイトガソリンで、アクリル板の上にローラーで塗った薄付きの油絵の具へ目の細いスポイトでホワイトガソリンを散らして、それを紙へうつしとるという方法でやりましたね。懐かしい〜。そんなお話を交えながらせっせとTさん、制作の手を動かしながらどんどん刷っていかれました。Tさんといえば、可愛いイラストが特徴ですが、本日は抽象表現での制作。以前は抽象表現と言っても何が何だかちんぷんかんぷんで、難しいものだと思っていたと言うTさんですが、最近はそれも変化があって、なんとなく分かるようになってこられたとか。目に見えないものや、形のないものに、色と形を与えて、言葉以外の表現で表す。そんな楽しみも見つけられた様子でした。京都造形の通信を学ばれて、様々刺激を受けられているTさん。この数年の美術的成長は甚だしいものがありますね。美術の目が確実に大きくなっていっておられるのを側でとても感じます!